整腸作用

オリゴ糖でもう1つ注目されている健康効果が、整腸作用です。食物繊維が整腸作用を持つ事はよく知られているところですが、その食物繊維と並び、腸内環境をバランスよく健康的に維持・改善していく「プレバイオティクス」という食品成分として、オリゴ糖も注目を集めているのです。

ただ前ページでも説明させていただきましたように、オリゴ糖にも種類は様々。胃や小腸で吸収される消化性のオリゴ糖と、その辺りでは消化されずに大腸にまで行く、難消化性のオリゴ糖の2種類に分ける事が出来ます。整腸作用が期待出来るのは、後者の難消化性の方です。

ヨーグルトのコマーシャル等で、ビフィズス菌というのを見たり聞いたりした事があると思います。ビフィズス菌は大腸にしか存在せず、腸内善玉菌の99.9%がこのビフィズス菌なのです。強力な殺菌作用を有する酢酸や乳酸を作り出し、悪玉菌が増えるのを防いでくれています。悪玉菌増殖を防ぐ事により、善玉菌を優勢に保ち、便秘のような腸の不調へ傾きにくくするのです。大腸にしかいないビフィズス菌の餌になるためには、難消化性で大腸にまで届いてくれるオリゴ糖が重要です。

参考サイト〔私の便秘は解消しました。~この感動をあなたにも~

「オリゴ」とはギリシャ語で、「少ない」という意味です。玉葱やタケノコといった自然の食材に含まれてはいるものの、その量は少ないです。特保に指定されているような信用出来る商品と、併用して摂取されるのが効率的です。